2010年03月06日

少しの発想の転換

博多駅内にあるお花屋さん

QUATRE SAISONS FLOWERS 
ですicon120




「花屋」という商売。
もちろん 町中にはたくさんのお花屋さんがあります。

市場から仕入れてきた美しい花々を 店頭に揃えて
その鮮やかさや香りで、人々を和ませてくれます。


でもその一方、
生き物が商品とあって
在庫管理が難しく、ロスも多い。
割りに 単価は低くましてやライバルも そこかしこにicon196



そんな業界において
このお店は『他社との(ちょっとした)差別化』
で 人気を博していますface01


それがこれ


こちらのウリは「切り花」ではなく
ほぼ全て「アレンジフラワー」

小さなボックスや花瓶などに 一つ一つテーマを持ってアレンジされた
『花束』をメイン商品としていますicon120

(もちろん切花も購入できます)




店頭には 「まるでケーキ」のように商品がディスプレイされ
通る人の目を引いていますicon120

花瓶も要らない、手間もかからないので、
「ちょっと部屋に飾る」「ちょっとプレゼント」
に最適です。



切花の売り上げ、すなわち
「わざわざ花を買って帰って、手間をかけて切りそろえて部屋に飾る人」
が減ってきている流れの中での、
見事な脱却事例ですねface02 






 





同じカテゴリー(開業・起業(素材集め))の記事画像
繁盛力UPセミナー
確実に一番になれる☆
「ウリ」を明確にする! の話
9割がバイトでも最高のスタッフに育つんダ!
ナニメンさんの 習慣形成トレーニング
開業・起業する時に考えるべき優先順位
同じカテゴリー(開業・起業(素材集め))の記事
 福岡起業塾2012開催 (2012-08-01 22:12)
 繁盛力UPセミナー (2012-03-06 19:44)
 確実に一番になれる☆ (2012-02-27 14:49)
 「ウリ」を明確にする! の話 (2012-01-28 22:24)
 9割がバイトでも最高のスタッフに育つんダ! (2011-08-08 16:39)
 ナニメンさんの 習慣形成トレーニング (2011-08-02 23:05)

この記事へのコメント
私の親友は長年お花屋に勤めていましたが この不景気で転職しました。お花も生物 鮮度が重要で売れ残りは破棄するしかなく立地条件はかなり重要みたいです!!なかなか厳しいですね…
Posted by woltan at 2010年03月06日 15:11
本当にケーキみたいですね。
きれ~(^^)
Posted by シゲポンシゲポン at 2010年03月06日 17:18
他社との差別化…重要なキーワードですよね。
オンリーワンの商品を持ってる会社(店)は不況にも強いですよね~。
Posted by みの みの  at 2010年03月06日 21:28
>woltanさん
普通の花屋であれば 日にちが経ったものを「アレンジ」してますが、
買うほうもそれは解ってますからね。

ここだと 最初からアレンジしているので、「長持ち」しそうな気がします。
そんな心理も 人気の要因かもしれません。
Posted by 鉄板マイスター  at 2010年03月07日 01:28
>シゲポンさん
遠くから見ると、ケーキ屋さんにしか見えません(驚)

ショーケースなんかも 完全にそっち方面の物なので、
完全に 計画的戦術ですね。
Posted by 鉄板マイスター  at 2010年03月07日 01:30
>みのさん
今の社会において、競合のない業種なんて ほんの一握りですし、
まして 私たち個人単位においては 新たなものを生み出すなんていうのは
簡単なことじゃないですからね。
こういった機転とも言える 「ちょっとしたヒラメキ」は 
大変重要な武器になります。 

もっと柔らかい頭を・もっと強いアンテナを・もっと逆張りの目を
Posted by 鉄板マイスター  at 2010年03月07日 01:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。